WBC2023:トップオッズ&賭け

ヒット、ラン、スコア!
最大88,888円の入金ボーナス。今すぐ請求!

SPORT88888
コピーする
今すぐ参加

みなさーん。毎日楽しく過ごしてる?今回は野球ファンが指折り数えて待っている「ワールドベースボールクラシック(略してWBC)2023」についてご紹介したいと思うの。日本代表の「侍ジャパン」のメンバーも一部発表されて、あとは3月の開幕の日を待つばかりとなったわよね。

ワールド・ベースボール・クラシック賭けに参加したい方は、賭けっ子リンリンベッティング サイトへ今すぐGO!賭けリンはブック メーカー 野球で日本一だし、どこにも負けない高オッズを提供しているからWBC 賭けも有利に進められるわ。

賭けリンではプレベッティングとあわせて白熱のライブベッティングも提供中!マネーラインの他、ハンディキャップやユニークな賭けマーケットを用意しているよ。

ライブ野球ベッティング

そうそう、野球ファンの方は、大好きなチームを応援しながら賭けに参加したいと思わない?リンリンは今ライブベッティングに超夢中!試合の展開でオッズが変わるから、ひと時も目が離せないって感じなんだけど、心地よい緊張がたまらない!もちろん、王道のプレベッティングも揺るぎない人気を誇っているわ。選手の分析をして賭けの準備をしっかりしているパンターは本当に多いからね!

ライブベース ボール クラシックオッズはゲーム開幕の10日前くらいから出始めるけど、ユーザーフレンドリーの賭けリンなら全てのWBCの試合に賭けることができるわ。ナビゲーションが最高の賭けリンは優良ライブ野球ベッティングサイトでもあるの。

WBCの最新オッズ

熱狂的な野球ファンなら、 最新のベース ボール クラシックオッズが気になるところよね!基本的にオッズはそうなる可能性が高いと低くなり、そうなる可能性が低いと高くなるのが原則。だから、ダントツで優勝候補に挙がっているチームのオッズは低くなるんだ。

各国の勝利確率がそろそろ見えてくると思うけど、本日のWBCオッズを常に確認しながらベッティングプランを立てていこう。

ボーナスを申請しよう!

そうそう、賭けっ子リンリンにはワクワクするようなボーナスが満載なんだ。賭けリン登録ボーナスはもちろん、スポーツベッティング関連のリロードボーナスやフリースピン、キャッシュボーナスなど、魅力的なプロモーションがたくさん用意されているの。

各ボーナスの申請はボーナスコードが必要なものと、そうでないものがあるから、希望するボーナスをクリックして詳細を確認してみてね!お得な期間限定のボーナスは絶対に見逃さないでね。それから、ボーナスには出金条件や有効期限があるから、忘れずチェックしておこう。

WBC ライブストリーミング

世界中が熱狂の渦に巻き込まれるワールドベースボールクラシックだけど、賭けリンでは WBC ライブストリーミングでリアルな試合の模様を観戦できるんだ!条件は入金を一度だけ行うだけ!しかも、最高のグラフィックを楽しめるのHDクオリティで白熱のゲームを楽しめるの。賭けリンはライブストリーミング野球サイトでもあるのだ!

無料ライブストリーミング機能の使い方はこちら

1

登録

2

最低1回入金する

3

無料ライブストリーム機能が有効化

4

「ライブベッティング」セクションを開く

5

好きな試合を選んでね

6

賭けしながらHDライブストリーミングを見ることができるよ!

最先端のベッティングアプリをダウンロードしよう

今の時代、スマホで賭けをするのがほとんどだって言われているわ。だから、WBCに賭けるときは野球ベッティングアプリをダウンロードして、サクッと使ってみてね。賭けリンが提供している専用スポーツ 賭け アプリはAndroidとiOSの両方に対応しているの。だから、スマホはもちろん、タブレットといったお気に入りのモバイル機器で利用できるんだ。

それから、生体認証ログイン機能を搭載しているから、セキュリティ度が極めて高いのも自慢だよ。

最高のワールドベースボールクラシック・賭けは賭けリンで!

ダイナミックなワールドベースボールクラシックに賭けるなら、ブックメーカー 日本野球でトップレベルの賭けっ子リンリンで決まりよね。賭けっ子リンリンベッティング サイトでWBCに賭けるべき理由を下記で挙げてみるよ!

  1. 業界屈指の高いブックメーカー オッズを提供
  2. WBCの全ゲームに賭けることができる
  3. HDクオリティのライブストリームでゲームを観戦できる
  4. 決済方法が豊富(ビットコイン、JCB、eウオレット)
  5. 出金が高速

その他、賭けリンがスポーツベッティングで選ばれる理由は、初心者の方でもエントリーしやすいことかな?賭けマーケットも豊富だし、公式サイトでも野球ベッティングに関する情報がたっぷり説明しているから、理解しやすいの。

トーナメントインフォメーション

それでは、ワールドベース ボール クラシックのトーナメントについてお話しするね!大会の正式名称は「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™」

WBCのホスト国は台湾、日本、アメリカの3か国で、1次ラウンド、2次ラウンド、決勝ラウンドがあるわ。そして、1次ラウンドにはプールA、プールB、プールC、プールDがあって、2次ラウンドでは準々決勝1、準々決勝2、そして最後に決勝ラウンドが行われるの。日本シリーズとか米国のメジャーリーグとはちょっと違ったトーナメントスタイルになっているわ。

それに、1つの国で行われるのではなくて、3か国で行われるのも面白いと思わない?それぞれの国で中継を結んで白熱の試合を世界中に届けてくれるから、開幕まで本当に待ちきれない!

フォーマット

そうそう、フォーマットや参加国についてもお知らせしなきゃね!フォーマットは前述したように、1次ラウンド、2次ラウンド、決勝ラウンドの3ステップになっているわ。

2023年のワールドベースボールクラシックは招待国が全28か国、本選出場国が20か国となっているの。日本、韓国、中国、台湾の他、アメリカ合衆国、オーストラリア、メキシコ、コロンビア、ドミニカ、イスラエル、キューバなどが参加するわよ!

WBC ルールとしては、まず20か国が本選に出場するんだけど、基本的に4プール5か国に分かれて対戦する「総当たり戦」になるんだ。それから、各プールでトップの2か国、つまり合計で8か国が2次ラウンドに進めるってわけなの!だから、ひと時も気が抜けないって感じなんだ。

開催会場

白熱の戦いが予想されるワールドベースボールクラシック!開催会場についても押さえておきたいよね。先ほど、ザックリとお伝えしたけど、ホスト国は日本、台湾、アメリカ合衆国の3か国だよ。日本は東京ドーム、台湾は台中インターコンチネンタル野球場、アメリカ合衆国はチェイス・フィールドとローンデポパークよ。それぞれの収容人数は以下の通り!

  • 台中インターコンチネンタル:20,000人(プールA開催)
  • 東京ドーム:約45,600人(プールB開催)
  • チェイスフィパーク・:36,742人(プールD開催)
  • ローンデポパーク:36,742人 (プールD開催)

最も多く収容できるスタジアムは米国’・フェニックスのチェイスフィールドね!東京ドームも同じくらい収容できるから、開幕後の歓喜も相当なものになるだろうね!

1次ラウンド

さて、それでは気になる1次ラウンドの状況から説明していくわね!すでに組み合わせや対戦国が決まっているからご紹介しちゃうね。

<プールの組み合わせ>

プールA 台湾 キューバ イタリア オランダ パナマ
プールB 日本 オーストラリア 中国 韓国 チェコ
プールC アメリカ合衆国 カナダ コロンビア メキシコ イギリス
プールD ドミニカ共和国 イスラエル プエルトリコ ベネズエラ ニカラグア

ワールドベースボールクラシックでは日本チームも出場するから、国中がお祭り騒ぎになること間違いなしだわ。一次ラウンドを見てみると、日本はプールBの枠に入っているよね。かつて日本は2006年と2009年に2大会連続優勝を決めているから、相手国にとって驚異的な存在になっているのは間違いないわ。

それから、2013年に優勝したドミニカ共和国や2017年に優勝を決めたアメリカ合衆国も、さすがの強さを見せつけているよ。

その他、優勝経験はないものの、2013年と2017年に準優勝をしたプエルトリコ!この国の底力が2023年のワールドベースボールクラシックで見られるかが期待されているの。お隣の韓国も2009年に日本との接戦を経て準優勝しているし、今回の大会で本当の強さが見られるかも!

2次ラウンド

白熱の1次ラウンドが終了したら、今度は2次ラウンドが始まるよ。2次ラウンドではそれぞれのプールで勝利した上位2チームが進めるんだ。ここで一気に20チームから8チームまで絞られるってわけなの。2023年はどの国が2次ラウンドまで進むのか?リンリンも大注目してるんだ。

毎回、このワールドベースボールクラシックでは大どんでん返しが起こったりするから、各プールから2次ラウンドにどの国が進むのかを完璧に予想するのは難しいって言われているほどなんだ。

さて、気になる2次ラウンドの予定だけど、日程としては3月の15日から18日までの4日間でゲームが開催されるんだ。

  • 準々決勝1:3月15日 プールB2位xプールA1位(東京ドーム)
  • 準々決勝2:3月16日 プールA2位xプールB1位(東京ドーム)
  • 準々決勝3:3月17日 プールC2位xプールⅮ1位(マイアミ・ローンデポパーク)
  • 準々決勝4:3月18日 プールⅮ2位xプールC1位(マイアミ・ローンデポパーク)

日本はプールBで、オーストラリア、チェコ、中国、韓国とあたるけど、どのチームも本選まで勝ち抜いてきた強運の持ち主よね。だから、リンリンは声を大にして応援したいと思うわ。GO!侍ジャパン!

決勝ラウンド

さ~て!いよいよワールドベースボールクラシックの決勝ラウンドに突入するよ!前述の2次ラウンドで勝利を決めた合計4か国で争うことになるんだ。ここからはトロフィーの存在が見え隠れるするから、かなり力が入るはずよ。各国の監督によってはあえて打順を変えたり、相手に戦略を見抜かれないようにあれこれトリック的なアクションも取り入れられるともいわれているの。

最後のゲームは準決勝と決勝をあわせたゲームを総称して「決勝ラウンド(Championship Round=チャンピオンシップラウンド)と呼んでいるわ。開催される場所は米国・マイアミ州のローンデポパーク。超有名なスタジアムだから、MLBファンなら一度は聞いたことがあるんじゃないかしら? 華麗なるフィナーレの地は、きっと熱くなるだろうね💛

決勝ラウンドの日程と組み合わせは以下の通りだよ!

<準決勝>

  • 3月19日:準々決勝1の勝利国x準々決勝3の勝利国
  • 3月20日:準々決勝2の勝利国x準々決勝4の勝利国

<決勝>

    3月21日:それぞれ準決勝で勝ち進んだ2チームで対戦!

リンリンも賭けリンのライブストリーミングを利用して、HD画質の最高の映像で激闘をしっかり見届けようと思っているの。

歴史

それでは最後に、ワールドベースボールクラシックの歴史にてついてお話するね。といっても、WBCの歴史は思ったよりも浅くて、最初に行われたのは2006年なんだ。当初は2005年に予定していたんだけど、主催する組織を調整するために一年時間を置いたの。だから翌年の2006年に先送りされたんだ。

何と、初回大会で優勝したのは「日本」。2回目の2009年大会で優勝したのも「日本」ということで、日本は2連覇の輝かしい歴史を持っているんだ。2013年大会はドミニカ共和国が優勝、2017年大会ではアメリカ合衆国が優勝トロフィーを手にしたよ。

ちなみに、過去の4大会全てでベスト4入りしたのは、これまた「日本」だけなの!これって、本当に凄いことだよね?

WBC 2023 :よくある質問

いつ開催されるの?

2023年のワールドベースボールクラシックは3月8日から21日まで開催される予定だよ!およそ2週間で20か国もの強豪がぶつかりあい、最終的に優勝国が決定するの。

試合はどこで行われるの?

WBCは日本、台湾、アメリカ合衆国の3か国で開催されるんだ。日本は東京ドーム、台湾は台中インターコンチネンタル野球場、アメリカ合衆国はチェイス・フィールドとローンデポ・パークの2か所になるわ。

WBCを観戦するにはどうすればいいの?

ワールドベースボールクラシックを観戦するなら、賭けっ子リンリンのライブストリーミングがおすすめよ!賭けリンでライブストリーミングを観るには、新規登録をしてから最低一回の入金を行えばOKなんだ。

新しいルールは適用されるの?

両チームが同点になった時には、タイブレーカーとして延長戦を採用しているよ。勝ち負けの黒白をはっきりさせるために導入されたルールだね。

マーシールール(Mercy Rule)とは?

通称10点ルールとも呼ばれていて、片方のチームが大差で負けている状況で、どう考えても逆転する可能性はない…と判断した時に用いられるルールだよ。つまり、最終回まで試合を続行せずに途中で終わらせるルールのことなんだ。

WBCに延長戦はあるの?

WBCでもタイブレーカーとして延長戦を採用しているよ。勝利の数で上に勝ち進んでいくから、延長戦を用いて公平に勝敗を決めるんだ。

プールはどのように決まるの?

プールは抽選によって決められるのではなく、過去の成績を考慮して慎重に組み合わせていくんだ。例えば、前回のワールドベースボールクラシックで準決勝に進出した4か国は、それぞれが同じプールにならないように、4プールに分割されるの。その他、1次ラウンドで1勝以上したけど、2次ラウンドに進めなかったチーム4か国も公平に各プールに分配されるんだ。つまり、全大会の成績をベースに、各プールが均等に戦えるように調整しているの。

チームジャパンのメンバーは?

今のところ、侍ジャパンの一部のメンバーのみが発表されているんだ。日本のプロ野球チームからは埼玉西武ライオンズの源田選手、横浜DeNAベイスターズの牧選手、福岡ソフトバンクホークスの近藤選手、甲斐選手、読売ジャイアンツの戸郷選手、千葉ロッテマリーンズの佐々木選手、東京ヤクルトスワローズからは村上選手が選ばれているわ。また、そして、米国のメジャーリーグからはサンディエゴ・パドレスのダルビッシュ選手、シカゴ・カブスの鈴木選手がメンバー入りしているの。

優勝候補の国はどこ?

気になる優勝候補チームはアメリカ合衆国と日本!オッズでいくとアメリカ合衆国優勝が3.45、そして日本優勝が5.35となっているの。これらのオッズは過去の優勝経験や直近の参加メンバーのパフォーマンスなどを考慮してはじき出されているんだ。

2023年大会に出場権を獲得しているチームはどこ?

参加国は全部で20!台湾、キューバ、イタリア、オランダ、パナマ、オーストラリア、日本、中国、韓国、チェコ、アメリカ合衆国、カナダ、コロンビア、メキシコ、イギリス、ドミニカ共和国、イスラエル、プエルトリコ、ベネズエラ、ニカラグアだよ。

今すぐ登録しよう!

どう?ワールドボールクラシックってとってもダイナミックで面白そうだと思わない? ぜひ、リンリンと一緒にベース ボール クラシック賭けにチャレンジしてみようよ。賭けっ子リンリン野球ベッティングはとっても簡単だよ。まず、賭けリンの公式サイトに登録してから、「スポーツ」→「野球」→「ワールドベースボールクラシック」を選択してね!ウェルカムボーナスも最大88,000円と業界屈指だから、最高にお得な気分でオンライン ギャンブルを始めることができるわ。今すぐ賭けっ子リンリンに登録してドキドキを味わおう。

今すぐ参加 今すぐ参加
×

スポーツウェルカムオファー!

3回入金で最大222,000円をGET!

SPORT88888
見る

ボーナス獲得方法:

1

アカウントにログインする

2

コードSPORT88888と一緒に1000円以上を入金

3

入金額の100%最大88,888円がもらえる!

最低入金額

1000

10%追加ボーナス

20,000円以上の入金でもらえます

対象のユーザー

リアルマネー入金がまだの方

オファーが利用できる回数

お客様につき1度のみ

今すぐ登録
すべての利用規約を見る
logo