今すぐ賭ける

大谷翔平は日本のベーブ・ルース!驚異の出世劇に圧巻

by Georgi Georgiev
大谷翔平

さ~て!今回もワクワクするようなブログをお届けしていくよ。リンリンが選んだテーマは野球!ワールドベースボールクラシックが間近に迫っているし、米国では日本人のあるメジャーリーガーについて大盛り上がりを見せているの。そう!我らが大谷翔平選手よ

何と、大谷選手は米国で「Japanese Babe Ruth(日本のベーブルース)」って呼ばれているんだ。ちなみに、ベーブ・ルースはメジャーリーグでOPSや本塁打王など数々のMLB記録を保持する歴史的なベースボールプレイヤーよね。いまだに数個の記録は破られていないというから、世界中の野球ファンには雲の上の存在なんじゃないかしら?

大谷選手は、そんなドラマチックな野球人生を歩んだベーブルースにそっくり!ということでメジャーリーグでの活躍が誰よりも注目されているんだ。

実際、大谷選手は101MHPの剛速球を誇っているけど、それに加えて誰もが目を見張るダイナミックなホームランを記録しているの。それは、先日行われたシカゴ・ホワイトソックス戦で野球の歴史の1ページに刻まれた、あの豪快な一発で変わったわ。何と、相手ピッチャーが投げる115.2 MHPの球から451フィート(およそ137メートル)の見事なホームランを打ち取ったの。

賭けリンパンターの方もご存じの通り、大谷選手はロサンゼルス・エンゼルスの二刀流スター。ボックスに立つバッターによって球速を使い分ける頭脳派ピッチャーだよね。しかも、投手としてだけではなく、神レベルのホームラン打者としても驚異的な記録を出したってことなの。

2018年に米国に渡った大谷選手は現在26歳。まだまだこれから世界を圧巻させるような感動的な試合を見せてくれると思うけど、これこそ世界が愛して止まない「和製ベーブ・ルース」と呼ばれる理由なんだろうね。野球界の歴史で最も尊敬されるベーブ・ルースと比較対象されるなんて、大谷選手の未来はどれだけ輝かしいのだろう…。

そもそも、ベーブ・ルースはニューヨーク・ヤンキーズの伝説的なスラッガーとして知られているけど、右利きのバッターとして15シーズン中659本の本塁打を放ったんだ。その前はボストン・レッドソックスの投手としても、6シーズン中89勝を挙げているんだ!これって、本当に神業に近いことなの。米国でベーブ・ルースと言えば、手の届かない存在で、将来、野球選手を目指す子供たちからも崇められているんだ!

大谷選手は日本のプロ野球で北海道日本ハムファイターズに在籍してたじゃない?この時からすでに二刀流の一流選手として一目置かれていたよね。そして、卓越したスキルと技、スタミナとパワーが米国のメジャーリーグのスカウトマンの目に留まったんだよね。身長もあるし、米国の舞台でも見劣りしない大谷選手だけど、それこそスキルセットが完璧に揃っていないど、メジャーリーグで花を咲かせることはできないわよね。

ベビーフェイスが魅力のベーブ・ルース。大谷選手もどこかしらベビーフェイスなところもあるよね。リンリンは大谷選手とベーブ・ルースの関係に運命を感じるけど、賭けリンパンターのみなさんはどう思う?

関連する投稿