今すぐ賭ける

2021〜2022度年シーズンに向けて上昇中のサッカー選手たち

by Georgi Georgiev
ヨーロッパサッカー

選手個人のパフォーマンスが、どのようにサッカーベッティングに影響を与えるのか?

世界各地で開催された熱狂的な国際サッカートーナメントの夏が終わり、国内リーグ新シーズンの開幕が間近に迫ってきました。98チームがヨーロッパのトップ5リーグで戦い、タイトルを獲得し、欧州サッカー界でのポジションを確保して降格を回避しなければいけません。当サイトは、2021〜2022年度に注目すべき選手についてのガイドをご提供して、お客様がより良いサッカーゲームの予測を行って、賭けっ子リンリンで勝つためのベットを開始できるようにと考えています。

サッカー選手のパフォーマンスがサッカーベッティングに与える影響とは?

サッカーはチームスポーツですが、経験豊富なベッターであればベッティングを判断する際、個々の選手に特定の値を割り当てると、それが役に立つことを認識されているはずです。

これを行うための一般的な方法のひとつは、個々の選手のゴール貢献度やチャンス創出の期待値と、実際の結果を検証することです。一人の選手が、チームの攻撃プロセスにどれだけ重要な役割を果たせるでしょう?それは、非常に重要なはずですよね。サッカーチームや個々の選手のパフォーマンスや可能性は、ゴールを決めたり、ゴールを許してしまったり、得点したりといった実際の成果をカウントするだけでなく、確率的に定義されるようになってきているんです。

先に進む前に、スポーツベッティングにおけるサッカーのフォーメーションの重要性についてお話したいと思います。お気に入りのチームのスターティングメンバーやゲームスタイルを考慮することは、ゲームの最終結果を決定する上で非常に重要です。。サッカーのフォーメーションがベッティングに与える影響についての2部構成でご紹介いたします。

それでは、2021~2022年度にヨーロッパのサッカーシーズンで注目されている選手たちを見ていきましょう。

パウロ・ディバラ(Paulo Dybala)28歳:ユベントス

2020~2021年度シーズンは、パウロ・ディバラにとって記憶に残るようなシーズンではありませんでした。怪我や健康上の問題で、1キャンペーンでのリーグ戦出場数は過去最高の20試合にとどまり、ピッチ上でのリターンも4ゴール3アシストと、セリエAでのキャリアの中で最低のものでした。しかし、2021年から2022年にかけて、アルゼンチン人選手であるディバラは変わる可能性があり、蘇るはずです。その大きな理由のひとつは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督がユベントスに復帰したことです。去る5月、ディバラはユヴェントスで100ゴールを達成した初のヨーロッパ外の出身選手となり、その統計的なアウトプットに基づいて、スポーツ分析会社であるOptaPaoloによってセリエAのシーズンチームメンバーに指名されたのですが、2019〜2020年度には素晴らしいシーズンを繰り返すことができませんでした。ディバラに大注目したいですね。

今すぐ賭けっこリンリンに登録して、セリエAのトップオッズを手に入れましょう!

フェデリコ・キエーザ(Federico Chiesa)24歳:ユヴェントス

ユーロ2020での勝利で、イタリア代表チームのディフェンス陣は高く評価されましたが、フェデリコ・キエーザもトーナメント中に才能を世界に披露したイタリア人オフェンス選手の一人です。イタリア代表の最初の4試合のうち3試合はベンチスタートでしたが、キエーザのパフォーマンスはロベルト・マンチーニ監督の信頼を得て、大会で最も重要な最後の3試合に先発出場しました。この大会でキエーザは2ゴールを挙げ、ボールをキープして走るときの凄まじさは印象的でした。キエーザは、大会中、最も多くのボールキャリーを行い、その結果、トーナメント中の12試合で、シュート9本、チャンス3回を生み出しました。キエーザは才能豊かな選手であり、彼のユーロ2020での活躍は、昨年のビアンコネーリ(ユベントスの愛称)を見ていた誰もを驚かせました。

ロレンツォ・インシーニェ(Lorenzo Insigne)30歳:ナポリ

ロレンツォ・インシーニェは、2021年~2022年度シーズン、4年連続でナポリのキャプテンを務めています。これは、2010年1月にデビューして以来、イタリアのトップリーグでは11回目。小柄なイタリア代表選手である彼は、2012年8月の初出場以来、セリエAで304試合に出場し、85ゴール、65アシストを記録し、この期間の出場数とアシスト数はリーグ最多です。

ナポリのフォワード、インシーニェは、昨シーズンにゴール前で興奮を掻き立てただけでなく、セリエAで最もクリエイティブな選手の一人でした。オープンプレーで54回のチャンスを作ったインシーニェは、ルイス・アルベルト(59回)とルスラン・マリノフスキー(57回)につぐ、昨シーズンのセリエAで3位にランクインしました。

アクラフ・ハキミ(Achraf Hakimi)23歳:パリ・サンジェルマン

2020~2021年度にインテルナツィオナーレでセリエAのタイトルを獲得した右サイドバックのアクラフ・ハキミは、契約をめぐる騒ぎで、今夏、最も騒がれた選手の一人でした。7月にPSG(パリ・サンジェルマン)が彼の争奪戦に勝利し、22歳のイタリアチャンピオンには6000万ユーロが支払われたと報道されています。パリに移籍する前に、レアル・マドリード、ボルシア・ドルトムント、インテルナツィオナーレでリーグサッカーをプレーしたこの若き選手、ハキミには特別な何かがあるに違いありません。2021年から2022年にかけて、マウリシオ・ポチェッティーノ監督がリールに奪われたリーグ1のタイトル奪還を目指す上で、彼のスキルセットは間違いなく歓迎されるはずです。

メンフィス・デパイ(Memphis Depay)27歳:バルセロナ

メンフィス・デパイは、その明らかな才能で4年半にわたってリーグ1のファンを感動させた後、リヨンからFCバルセロナに移籍し、世界最大級のサッカークラブへの移籍を果たしました。メンフィス・デパイは、再び、オランダ代表チームでも成功を収めているロナルド・クーマン監督の下でプレーすることになったわけです。

「オンリー・ムバッペ(ムバッペだけ)」というのは、リーグ1の統計をリストする際の常套句ですが、2020~2021年にメンフィス(150回)よりも多くの敵陣へのドリブル突破を試みたのはPSGスターのムバッペ(185回)だけで、2020~2021年度シーズンに元リヨンのスターであるメンフィス(48回)よりも多くのシュートエンドキャリーに絡んだのも、やはりムバッペでした。

ペドリ(Pedri)19歳:バルセロナ

2019〜2020年度シーズン開幕日にラスパルマスのスターティングXIで指名されたとき、ペドリはわずか16歳。スペインのプロサッカー2部リーグであるセグンダ・ディビシオンでのことでした。それから約2年が経過し、早熟な才能を持つペドリは、バルセロナでの初シーズンを終え、ユーロ2020ではヤング・プレーヤー・オブ・ザ・トーナメントを受賞しました。

ロナルド・クーマン監督がペドリをいかに重要視しているかは、2020~2021シーズンには、アントワーヌ・グリーズマン(51回)、フレンキー・デ・ヨング(51回)、リオネル・メッシ(47回)といった極めて重要なチームメイトを差し置いて、バルセロナの他の選手(52回)よりも多くの試合に出場させていることでわかります。リーグ戦で37試合に出場し、欠場はわずか1試合。21世紀にリーガ・エスパニョーラでこれほど多くの試合に出場した最年少選手となりました。ペドリが、シャビとアンドレス・イニエスタの才能に取って代わることができる選手なかのは、きっともうすぐ分かるはずです。

ヴィニシウス(Vinicius)21歳:レアルマドリード

ジダン、そしてアンチェロッティは、ヴィニシウスに絶大な信頼を寄せています。今やヴィニシウスは欠かせないスタメンであり、エデン・アザールの地位をはるかに上回っています。ベルギー人選手達の体調が良かったとしても、ヴィニシウスを追い越すことは難しいと感じます。 先週の土曜日に行われたエルチェ戦で、レアルマドリードの背番号20番は見事に2点目を決めました。1点目は左足で冷静に、2点目は絶妙なタイミングで決めました。レアルマドリードはこの3シーズン、カリム・ベンゼマにあらゆる種類の攻撃力をカ過度に頼りすぎていましたが、ヴィニシウスはベンゼマが不在でもラインをリードできる能力を示しました。

向上したのはフィニッシュ能力だけではありません。判断力、ボールを持っていない時の動き、パスなど、ヴィニシウスのゲームのあらゆる面が向上しています。

今すぐ賭けっこリンリンに登録して、ラ・リーガのトップオッズを手に入れましょう!

サッカー オッズ

ブカヨ・サカ(Bukayo Saka)20歳:アーセナル

2020~2021シーズンは、2年連続でプレミアリーグ8位に終わり、1994~1995年以来初めてヨーロッパ予選敗退という、アーセナルファンにとって悪い意味で忘れがたいシーズンとなりました。しかし、そんなアーセナルに数少ない光明をもたらしたのが、10代のブカヨ・サカという予想外の選手の登場でした。

トーナメン開始前に、サカ(272分)がグリーリッシュ(173分)、フォーデン(159分)、サンチョ(97分)、ラッシュフォード(84分)よりも多くプレーすると予測した人はあまりいなかったはずです。ティーンエイジャー選手のパフォーマンスは彼の選出を正当化し、それ以上の価値を魅せてくれたのです。

メイソン・マウント(Mason Mount)22歳:チェルシー

メイソン・マウントには、フランク・ランパードに感謝すべきことがたくさんあります。元チェルシーのレジェンドは、2018~2019年度チャンピオンシップのダービー・カウンティに期限付き移籍をしていたマウントを1シーズン管理した後、2019~2020年度にその監督職に就いた際、マウントをブルーズ(チェルシーの愛称)の重要な選手と位置づけたのです。2019年8月にクラブデビューして以来、マウントはチェルシーの全コンペティション107試合に出場しており、これは他の選手よりも15試合多い数字です。

プレミアリーグ参戦3シーズン目にして、すでにチャンピオンズリーグ優勝、ユーロっぱ選手権決勝進出を果たしています。マウントは、代表レベル(ワールドカップ/ヨーロッパ選手権)およびヨーロッパカップやチャンピオンズリーグで主要な国際大会の決勝戦に出場した9人の英国人選手のうちの1人であり、わずか22歳という最年少での出場です。

ディオゴ・ジョタ(Diogo Jota)22歳: リバプール

モハメド・サラーの将来はまだ不透明かもしれませんが、ユルゲン・クロップ監督のもと、ディオゴ・ジョタが台頭したおかげで、リバプールはすでに次のスターの準備ができたといえるでしょう。

若干24歳のジョタが持つ多才さは、他の多くのフォワードよりも信じられないほど優れています。平均的な身長にもかかわらず、ジョタは空中戦で異常なほどの活躍を見せています。

ジョタはまた、素早く、直接的で、ファイナルサード(グランドを3分割して相手ゴール側から3分の1のエリア)でチャンスを起こすことができ、さらにサラーとマネがそれに反応する準備ができているのですから、不運な相手チームにとっては災難の種となるはずです。

ジョタは以前、ポルトでは主要な役割を果たしていませんでした。しかし、イングランドに移籍してから、まずウォルバーハンプトンで生まれ変わりました。それを見たリバプールは、ジョタをアンフィールドに連れて行き、ジョタはそこで印象的なプレーを見せました。UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3戦のアタランタ戦では、ハットトリックを記録しています。

ジャマル・ムシアラ(Jamal Musiala)18歳:バイエルン・ミュンヘン

2019~2020シーズンのマッチデー33において、ブンデスリーガにデビューしたジャマール・ムシアラは、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンから出場した史上最年少の選手となりました。ムシアラの年齢が、若干17歳と115日の時でした。

昨シーズン、ムシアラは大ブレイクしました。このドイツ人選手は、もはやトップチームで活躍している単なる才能ある若者ではありません。 それどころか、ムシアラはすでにバイエルンのサッカーに大きな影響を与えています。

この比較をヨーロッパの上位5リーグにまで広げると、90回あたり1.86回のボックス内でのドリブル突破という数字は、他の誰よりも多いことがわかります。PSGのエリートデュオであるキリアン・ムバッペ(1.6回)とネイマール(1.5回)をも上回っています。

今すぐ賭けっこリンリンに登録して、ブンデスリーガリーガのトップオッズを手に入れましょう!

ヨーロッパで活躍する日本のトッププレーヤー

日本が2002年のワールドカップ開催国となって以来、ヨーロッパリーグでは日本人選手の活躍が目立つようになりました。 現在、ヨーロッパで活躍している日本人選手をご紹介いたしましょう。

冨安健洋 23 歳:アーセナル

プレミアリーグに一番最近到着した日本人選手が冨安健弘選手です。 22歳の冨安選手は、リーグで急速に成長しています。わずか2年前、冨安選手はベルギーリーグのシント・トリデンでプレーしていました。 しかし、冨安選手は2019年から2021年までの2年間、セリエAの巨人であるボローニャに在籍し、61回出場で3ゴールを挙げるなど、印象深い活躍を見せました。そのため、アーセナルはこの多才なディフェンダーの獲得に乗り出し、クラブは1700万ポンドの移籍金で合意したのです。

ガナーズ(アーセナルの愛称)での最初のスタートを切った後、プレミアリーグ2戦目のバーンリー戦でも印象的なプレーを見せました。故郷である日本のスポーツブックは、富安選手が今シーズンのアーセナルで大きな役割を果たすだろうと予測しています。ミケル・アルテタがチームをヨーロッパリーグに復帰させることを目指しているので、これは良い予測だと思います。

南野 拓実 23 歳:リバプール

「タキ(拓実)にどれほど満足しているか想像もつかないでしょう。彼は信じられないような瞬間を作ってくれて、今日は実際に4つのポジションで解決策になったんですよ。」とクロップ監督は語っています。

リバプールのユルゲン・クロップ監督は南野選手の活躍を高く評価していて、チームの負傷者が続出しているリバプールでは、モハメド・サラーとサディオ・マネ両選手のアフリカネイションズカップ出場も間近に迫っていることから、南野選手の出場時間が増えるだろうと述べています。

今すぐ賭けっこリンリンに登録して、イングランドプレミアリーグのトップオッズを手に入れましょう!

久保建英 20歳:レアル・マドリード(マヨルカ・ローンより期間限定移籍)

日頃からリーガ・エスパニョーラのライブ結果をチェックしているファンなら、才能豊かな久保建英選手の存在を知っているでしょう。20歳の久保選手はFC東京で注目された後、2019年にレアル・マドリードに移籍しました。しかし、過去2、3年の間、ウイングである久保選手はリーガ・エスパニョーラの4チームに期間限定移籍しているため、スペインの巨人レアルではまだ最初のスタートを切っていません。

最も活躍したのはマヨルカに移籍してからで、35試合に出場して4回の得点を記録しました。昨夏、マヨルカは再び久保選手を獲得し、久保選手はスペインに強い印象を残しました。久保は日本代表としても重要な役割を果たしており、2020年の東京オリンピックでも得点を上げています。

鎌田大地 25歳:アイントラハト・フランクフルト

鎌田選手は、2017~2018年の第1節フライブルク戦でブンデスリーガデビューを果たしましたが、セバスティアン・ハラー、ルカ・ヨヴィッチ、アンテ・レビッチの “マジック・トライアングル “が急成長していたこともあり、その後は2試合の出場にとどまりました。鎌田選手がベルギーのジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー・ファースト・ディビジョンA)のシント・トルイデンセに期限限定移籍していた翌シーズン、アイントラフトのブンデスリーガでの60ゴールのうち68%がこの マジック・トライアングル三人衆によるものでした。

関連する投稿