今すぐ賭ける

ハンディキャップベッティング

by Lora Eneva
ハンディキャップベッティング戦略

賭け方の種類が非常に多いと、何から始めていいか分からなくなります。
「勝ち/引き分け/負け」や「オーバー/アンダーゴール」のような定番の賭け方と並び、ハンディキャップベッティングはここ数年で人気の賭け方の一つとなっています。
ところで、ハンディキャップベッティングとは何でしょう。
ハンディキャップベッティングでは、試合前からあるチームにゴールのハンディが与えられます。
これにより、ブックメーカーが非常に強力なチームと戦う相手チームのオッズを上げることができます。

ハンディキャップベッティングの基本

プレミアリーグ、オールド・トラッフォードでのマンチェスター・ユナイテッド対クリスタル・パレスの試合を例にします。
一般的に考えると、ユナイテッドがこの試合を勝つ見込みはかなり高いはずなので、提示されるオッズはおよそ1/10になります。
一方でパレスのオッズはおよそ8/1程度でしょう。
この場合、払戻金はかなり少額となり、十分な賞金を手に入れるためには多額の賭け金をベットしなければならないので、ユナイテッドの勝利に賭けるメリットはほとんどありません。
しかし、ハンディキャップベッティングでは両チームの強さをほぼ均等にすることができるので、勝つ見込みが高いチームに賭ける価値が上がります。
また、勝つ見込みが低いチームに不当なオッズが付けられていても、ハンディキャップによって賭けが的中しやすくなるので、とても有効な賭けになります。
では、ハンディキャップベッティングはどのような仕組みなのでしょうか。
先ほどのマンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスの試合で説明します。

ハンディキャップベッティングの仕組み

ブックメーカーがこの試合に提示するハンディキャップはいくつかありますが、ここでは説明をわかりやすくするために、ハンディキャップ-1を例にします。
アジアンハンディキャップについては後ほど説明します。
この試合では、多くの参加者がユナイテッド-1にベットするでしょう。
ユナイテッドがハンディキャップ無しで勝つ場合よりも払戻金が多くなり、獲得できる賞金が大幅に増えるからです。
この場合のハンディキャップベッティングは、ユナイテッドのゴール数が1少なくなると考えるとわかりやすいです。
マンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスのスコアは-1対0の状態で試合が始まることになります。
そのため、ユナイテッド-1の賭けを的中させるには、ユナイテッドはパレスに2点差以上付けて勝利しなければなりません。
例えば、2対0、3対1、4対2などです。
ユナイテッド-2の場合でも同じ仕組みで、さらに高額のオッズに賭けることができます。
ユナイテッド-2の賭けを的中させるためには、3対0、4対1、5対2のように3点差以上付けて勝利する必要があります。

勝算が低いチームへのハンディキャップベッティング

勝算が低いチームの勝利に賭ける場合でも、ハンディキャップベッティングの仕組みは同じです。
先ほどのマンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスの試合で、今回はパレスにハンディキャップベッティングをします。
多くのブックメーカーで提示されるハンディキャップはパレス+1です。
これはマンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスのスコアが0対1の状態で試合が開始することを意味します。
このとき、パレスが試合に引き分けると、パレス+1のハンディキャップがあるため賭けは的中となります。
基本的にはこの例の+1ハンディキャップはダブルチャンスベットと同じ仕組みです。
また、パレス+2に賭ける場合は、当然パレス+1の場合に比べ払戻金は少なくなりますが、たとえクリスタル・パレスがマンチェスター・ユナイテッドに負けたとしても、賭けが的中する可能性があります。
ユナイテッドが1対0、2対1、3対2のように1点差でパレスに勝利した場合、パレス+2によってパレス側に2点分加算され、賭けは的中となります。
最大+5までのハンディキャップに賭けることができます。
また、チャンピオンズリーグの初戦のように2チームの強さの差が歴然な場合には、+5以上のハンディキャップが提示されることもあります。

アジアンハンディキャップベッティング

ここまでで、基本的なハンディキャップベッティングの仕組みについて理解できました。
次に、もう少し複雑なアジアンハンディキャップについて説明します。
しかし、一度仕組みを理解すれば、ブックメーカーで多くの賞金を獲得するための非常に強力な武器となります。
基本的にアジアンハンディキャップはスプレッドベッティングと同じで、通常のハンディキャップに似た仕組みですが、引き分けがなくなるというのが異なる点です。
アジアンハンディキャップの起源はインドネシアにあり、「アジアンハンディキャップ」という言葉はジャーナリストのJoe Saumarez Smith氏によって最初に作られたと言われています。
それでは、アジアンハンディキャップベッティングはどのような仕組みなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

アジアンハンディキャップベッティングの仕組み

考えやすいように、先ほどのマンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスの試合を例にしましょう。
先ほど説明したように、ユナイテッドのホーム試合では、払戻金はかなり低くなります。
ところが、アジアンハンディキャップでは、ユナイテッドもしくはパレスのどちらに賭ける場合でもより有益な賭けができるようになります。
ハンディキャップの選択肢には、+0.5、+1.0、+1.5、あるいは-0.5、-1.0、-1.5などかなり多くの選択肢があります。
このため、最初はこの賭け方を理解しづらくなってしまうのです。
パレス+0.5の場合、もし試合が1対1の引き分けの場合、パレスには0.5分のゴールが加算され、試合に勝利、つまり賭けは的中したことになります。
パレス+1,+1.5もアジアンハンディキャップのもう一つの賭け方です。
この賭け方では、パレス+1に賭け金の半分、パレス+1.5に賭け金のもう半分が割り振られます。
この賭け方は、スプリットハンディキャップと呼ばれ、ブックメーカーによってはツインやダブルハンディキャップと呼ばれます。
パレス+1,+1.5に賭け、試合のスコアが引き分けだった場合、どちらの賭けも的中となります。
しかし、ユナイテッドが1得点し試合に勝利した場合は、パレス+1.5は的中したことになりますが、パレス+1は外れたことになります。
ハンディキャップベッティングとアジアンハンディキャップベッティングは複雑ですが、ブックメーカーで勝つためには必ず理解しておきたい賭け方です。

最高の試合

賭けっ子リンリンでは世界中で開催されているありとあらゆるスポーツの試合に賭けることができます。サッカーであればJ1バスケットボールでもNBABリーグテニスでは4大大会など日本で人気のリーグを全て取り揃えています。さらにこれらのオッズは業界最高レベルですので、注目の試合に最高のオッズで賭けて、最高のペイアウトを獲得することができます。

スポーツベッティングのプロモーション

賭けっ子リンリンでスポーツに賭ける前には、プロモーションをチェックすることも忘れずに行いましょう!このウィークリースポーツボーナスではスポーツで使えるボーナスを毎週最大6,000円まで獲得することができるので、ウェルカムボーナスの後でも安心してボーナスを使ってスポーツに賭けることが出来ます。上で紹介したハンディキャップベッティングにウィークリースポーツボーナスを使ってさらに賭けましょう!

関連する投稿