今すぐ賭ける

サッカーフォーメーションと選手のポジションの進化 パート 2

by Georgi Georgiev
サッカーのフォーメーションはサッカーベッティングに影響します

こんにちは!賭けっ子リンリンのリンリンです!秋になってきてだんだん涼しくなってきてるけど、最近はサッカーがアツい! みんなのサッカーベッティングの調子はいかが? サッカーのフォーメーションを決めるものって何?サッカーの監督がチームのフォーメーションを決める時っていろんなファクターを考えなきゃいけないって知ってた?すごく大変そう!

代表的な方法は3つ。

1つ目。あるコーチは独特の理想プレイスタイルがあって、それができるプレイヤーを徐々に起用することでフォーメーションを形作る人もいる。

2つ目。常に新しいスタイルを考案する監督もいるよ。それに見合った予算が出せるクラブだとそれが実現可能なんだけど…^^;

そして3つ目。

プレイヤー自身がフォーメーション確立のファクターになることもあるのよ。そのプレイヤーの強みを発揮できるようにどんなフォーメーションがベストかを決めるのは、監督の重要な役目でもあります。特に予算が少ないクラブの場合、これが一番一般的で実用的な方法みたい。

試合に出場可能な選手もまたサッカーフォーメーションの決定で大きな要素になります。怪我や出場停止の選手とかも出てくるからね。監督は今ある要素でこういう作業をしなくちゃいけないことも度々あるの。つまり監督の判断が良くも悪くも大きな影響を与えるってことなのよね。

自分のチームだけの心配をしていればいいっていうことでもない。ちゃんと対戦チームも考慮しないといけないよね?監督は対戦相手の長所と短所をリサーチも怠りません。それに対してどんなフォーメーションだと最適か、その状態によって変わることもあるよ。例えば、今回の相手の攻撃力はとんでもないぞ!と思われる場合は、よりディフェンスを強化したチーム構成にして、出場選手をそれに合わせて決めるとか。常に臨機応変に対応しなくちゃいけないんだよね。

サッカーのフォーメーションの進化

マンチェスターユナイテッド4-4-2

過去数十年の様子を見てみると、フォーメーションも昔の流行に戻るってことがよくあるみたい。マンUを見てみよう。結構長い間、から2000年の初めにかけて、スコットランド出身者のアレックス・ファーガソン指揮官の元、すごく攻撃的な4-4-2フォーメーションで攻めてたのよ。鍵となる選手たちは、ドリブルとクロスができる伝統的なウィンガー(デビッド・ベッカムとライアン・ギグス)、クリエイティブな司令塔であるミッドフィールダー(ポール・スコールズ)、そして圧倒的な守護神のミッドフィールダー(ロイ・キーン)という構成になったの。なんて豪華なラインナップ!

この選手たちはみんな基本的にチャンスに恵まれていて、そして調子も絶好調だったんだよね。それに加えて、アンディ・コールとドワイト・ヨークのストライカーのパートナーシップと言ったら、とっても効果的で、もう言う事なし!って感じだった。ふたりともとっても速くて、1対1の状況を突破にも最高の選手だったんだよ。

もう一つのチームを紹介しようかな。当時のマンチェスターユナイテッドの最大のライバルだったアーセナルです。アーセナルもこのシステムのシュミレーションをうまくやったチームでした。彼らもマンUのような選手がチームにいたんだけど、何よりの強みは、マンUよりも多くのテクニックを持った選手たちがいたって事。

ロベール・ピレスとフレドリック・ユングベリのミッドフィールドがウィンガーを務め、そしてパトリック・ヴィエラとジウベルト・シウバがチームの中心部となってチームをまとめ、デニス・ベルカンプとティエリ・アンリがこれぞアーセナルの伝説ストライカーとして大活躍!彼らのおかげでプレミアリーグのシーズン全体を無敗で終了。「インビジブルズ」として知られるようになったチームの一員としてよく知られているわ。

賭けっ子リンリンでサッカーに賭けよう

リバプール 4-2-3-1

スペインからきた「プラグマティスト」といえば、ラファエル・ベニテス監督。バレンシアで大成功を収めてからすぐリバプールに飛び、4-3-3フォーメーションだったチームを微調整、スペインの「ダブルピボット」と呼ばれるフォーメーションに変えたの。

ダブルピボットは4-2-3-1のフォーメーションシステム。ベニテス監督はこれを実践するための「オーダーメイド」された選手を連れてきてたの。

ハビエル・マスチェラーノとシャビ・アロンソは、粘り強さと芸術性がパーフェクトに調和した芸術的なプレイをする選手たちなのよね!シャビ・アロンソはスコールズと同じようなパスと視野の広さを備えた選手だったし、ブスケツのようなゲームを先読みする能力にも優れていたわ。

でもなんと言っても、アルゼンチンから来たマスチェラーノはリバプールにはなくてはならない選手だったのよね。彼はマケレレのようにプレイを分割してシンプルなパスを繰り出す優れたセンスを持った人。ダブルピボットのフォーメーションだったけど、世界最高の守護神ミッドフィールダーのひとりとして、名を馳せるようになったのは言うまでもないよね。

キャプテンだったスティーブン・ジェラードはこの素敵なシステムで、より高度な攻撃をもっと自由に繰り出すことができるようになったの。アロンソがバックに、そしてフェルナンド・トーレスが自由自在なストライカーとしてフィールドを駆け回る。これにより当時のリーグで一番強力な相乗効果を生み出すマジカルコンビに上り詰めたのよ。

彼らは広範囲を効果的に攻めるにぴったりな選手はいなかったことは確かなんだけど、重心が低くてドリブル能力にたけていたルイス・ガルシアがカバーすることに成功!ワイドに活躍できるプレイヤーとして大活躍しました。

賭けっ子リンリンでは、プレミアリーグのトップオッズを提供してるよ!どこよりも素晴らしいライブベッティングを体験を楽しんでね!

ジョゼ・モウリーニョの戦術

ジョゼ・モウリーニョが2004年にチェルシーの監督に就任。その時にプレミアリーグでこれまでになかった新しいスタイルを生み出したは彼でした。その前に所属していたポルトFCで採用して十分な手応えがあった4-3-3のフォーメーションを、チェルシーでも使うことにして、またすごい効果がみられたんだよ。

この素敵なフォーメーションを実現させるために、ジョゼ自身も他チームからプレイヤーを引き抜いてきたの。効果的にこれをやるには、ちょっとトリッキーで広範囲に攻撃できる選手が必要だったんだよね。アリエン・ロッベンとダミアン・ダフがこれに一役かってくれたのでした。中心的で独立したストライカーだったんだけど、これを達成するためのキーパーソンといえば、それは間違いなくコートジボワール出身のディディエ・ドログバ。モダンでセンターの良いところを全て全面に打ち出したプレイ方法で、強くて速いだけじゃなく、ゴール前で相手を膝まつかせるだけの驚異的な破壊力を見せたのよ。

このフォーメーションで一番重要なポジションは、チームにいる3人のミッドフィールダー達。唯一の要塞であるこの人たちの仕事は、試合最後の3分の1で相手のプレイを分析して、ボールをストライカーに渡さないようにし、攻撃してくるミッドフィールダー達からボールを奪い、そしてシンプルなパスから反撃を仕掛ける、という流れだよね。

クロード・マケレレはこの役割を本当に彼のものにしちゃったの。これってイギリスのリーグでさえ見られなかった偉業なんだよ!クリエイティブなランパードやディアゴやエイドゥル・グジョンセンの役目は、攻撃が中心だったけど、マケレレの支援も大事な義務だったのよ。

バルセロナの4-3-3 

チェルシーとほぼ同じ頃、フランク・ライカールト監督の元でバルセロナも同様のシステムを採用したんだけど、もっと攻撃に力を入れた戦術にしていたの。理論上では確かにチェルシーよりもいいアイディアだったみたい。ロナウジーニョ、エトオ、リュドヴィクギリーの3選手をフロントに置き、シャビ、アンドレスイニエスタ、デコのトリオでバックアップをバックアップにしたの。これがペップ・グアルディオラ監督にとってすごくいい流れを生んだのよね。初めて監督就任をした前チームとの契約が終了した時にはもう「理想的なバルセロナ」を実現させるアイディアがもう彼の頭の中にあったんだよね。この時点でリオネル・メッシはもうなくてはならない世界的な選手にになっていて、全メディアがレフト・ウィンガーとしての彼に注目していた頃、グアルディオラ監督が、彼とダビド・ビジャとペドロ・ロドリゲスとの攻撃トリオに、自由に動き回ることを許してたっていうことなの。ルイス・スアレスとネイマールに変えてスタメンをアップグレートしたときに、さらにこれは決定的なフォーメーションへと進化したのよ。シャビはイニエスタと連携してさらに活躍したし、学校を卒業したばかりのセルヒオ・ブスケツも世界で光り輝くミッドフィールダーのひとりへと変貌を遂げました。マケレレが活躍していた頃と比べても、ブスケツには技術的な観点から見て素晴らしい点がたくさんあったの。パスの出し方、試合展開のパターンを読んで、フルバックでカバーできたし、常にボールを取りに行って見ていて安心するプレイができたからね。これが、特にグアルディオラ監督が指揮いるバルセロナのプレイスタイルで、ブスケツも試合中積極的に攻めるスタイルを貫いていたわ。シャビとイニエスタは事実上、試合中盤のメトロノームというような存在で、フロントを張る5人の選手が同じ波長で試合展開をする様子は本当に驚異的だった。メッシはインサイドを走り、スアレスは同時にスワップ、シャビとイニエスタのどちらかがメッシのゴールをアシストする。そんなテレパシーを使ったような、音楽のように調和の取れた試合は…もうこれから先は観られないかもしれないなあ。

今すぐ賭けっ子リンリンに登録して、ライブのラ・リーガオッズとベッティングオプションを手に入れてね!素敵なライブベッティングの体験と、ウィークリースポーツベッティングをお届けします!

パート1に戻る

関連する投稿