今すぐ賭ける

サッカーフォーメーションと選手のポジションの進化 パート 1

by Georgi Georgiev
サッカーフォーメーションエボリューション1

こんにちは!リンリンです!

サッカーのフォーメーションについて、2回に渡ってお話するけど今日はその1回目。

みんな準備はいい?少しでもみんなの勝利のお役に立てるといいな♡

フォーメーションはサッカーベッティングで最も重要視されているポイントで、いろんな人たちが議論してる。そしてもちろん監督がとっても大事にしてるお仕事でもあるんだ。たくさんの取り消し線、走り書き、無数の矢印がホワイトボード上に描かれる。サッカーの試合をする上で監督が練る作戦なの。サッカーのフォーメーションと、それに携わる選手の役割から一連の解釈が見えてくるよ。今日はそれを徹底追及しちゃおう!

サッカーって簡単に言っちゃえば、ボールを蹴ってゴールに入れるっていう、とってもシンプルなスポーツなんだけど…でもやっぱり簡単じゃないんだよね。それどころか、指揮官である監督がチームの戦術を考え、同時に技術面を吟味して…。そう。サッカーって頭脳戦なのよ。世界中で最も奥深いスポーツのひとつ、それがサッカー。
選手の得点、アシスト、ゴールへのシュート、イエローカードが出る回数とか…チームフォーメーションと選手の位置は、スポーツベッティングに重大な影響を与えます。ユニフォームの背番号や、基本的なラインナップから、選手がどこでプレイするかが分かったのはもう昔の話。今なんて、いわゆる「フォワード」がウィングやミッドフィールドの端っこでプレイしてるのが当たり前になってるものね。チーム編成と選手の位置の進化を理解することは、オンラインでサッカーにベットをする上でとーっても役立つのよ。

従来の選手ポジションについて詳しく見てみよう!

伝統的に言えば、サッカーでは1番から11番までの数字でポジションが位置付けられています。でも1〜11番以外の数字がいい!っていう選手もいるから面白いのよね。

それじゃあ準備はいい?それぞれの背番号の内容を見てみよう!

背番号1

サッカーにおいて、背番号1はゴールキーパーが圧倒的に多いの。彼らの役割はここ過去数年特に、キーパーとしてだけじゃなく、こぼれたボールを処理、奪うボール制御に長けた選手(スウィーパー)と契約したがる監督が結構いるから、この番号を背負う人たちは、「スウィーパーキーパー」って定義つけられているよ。この代表的な選手は、ビクトル・バルデス(バルセロナ)、エデルソン・モラエス(マンチェスターシティ)、アリソン・ベッカー(リバプール)、マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)など。

背番号 2

背番号2は、特に従来フォーメーションである4-4-2ではライトバックとして知られているんだけど、例えば4-3-3なんかのフォーメーションではもっと攻撃的な役目を果たすようになって、最近はもっとプレイの幅が広くなったポジションなの。3-4-3システムだと基本的にライトバックなんだけどね。4-4-2の典型的な例としては、ガリー・ネヴィル(マンチェスター・ユナイテッド)などが有名だけど、4-3-3では、パウロ・フェレイラ(チェルシー)が定番かな。

背番号 3

基本的に背番号2と同じ役割だけど、こっちはレフトバック。最近の代表的な選手はアシュリー・コール(アーセナル: 4-4-2)とジョルディ・アルバ(バルセロナ: 4-3-3)。

背番号 4

背番号4番はセンターのミッドフィールダー。4-3-3フォーメーションではデフェンスを司るミッドフィールダーとして専門的な役目を果たすようになってきたよ。チームの戦術や選手がもつ特徴に応じて、臨機応変に少しアレンジされる部分もあるけどね。アンカーマン(ネマニャ・マティッチ:マンU)やディープ・ライング・プレーメーカー(アンドレア・ピルロ:ACミラノ)、そしてボール・ウィニング・ミッドフィールダー(エンゴロ・カンテ:レスタがこのポジションに該当することがあるよ。

背番号 5

センターバックのポジションの役割は長年にわたって大きく変化したこともあって、いろんな例があるよ。

ルーベン・ディアス(マンチェスターシティ)やジョン・テリー(チェルシー)のようにボール制御がうまいディフェンダーが好きな監督なら、より柔軟性が求められるボールプレイセンターバックが5番に該当するようになるよ。90年代、特にイタリアサッカーでは、スウィーパーがとても流行ったのよね。パオロ・マルディーニ(ACミラン)などの選手がこの役目を果たすことがよくあったの。ペースの良さと予測能力の高さがこの役目になる大切なキーポイントなのよ。

賭けリンでサッカーに賭けよう

背番号 6

これもセンターバック。大体のチームではふたりのセンターディフェンダーを使ってプレイするんだけど、 たまに3人を起用するチームもある。彼らでいろんな役をこなすこともよくあるんだよ。

背番号 7

背番号7は、元々ピッチの右バースを攻撃するライトサイドに立つ選手のことだったんだけど、4-4-2フォーメーションでは、サイドからゴール前へパスをしてストライカーをサポートするだけじゃなく、ライトバックも助けてあげないといけないの。かの有名なデビット・ベッカム(マンU)がその達人だったのよ。

ここ最近では、多くのチームが4-3-3フォーメーションに切り替えたこともあって、「7番」は3人のディフェンダー達の右側を指すことになったよ。それだけじゃなくて、インサイドフォワードの役割もあるの。内側をカットして重なり合うライトバックのスペースを作るなど、左利きの右ウィングへも動く重要な役目があるよ。このエキスパートといえば、リーズ・ユナイテッドのラフィーニャです。

7番の役目は、バルセロナのペドロのような、特定のタイプの選手「ラウムドゥーター」とも言える立ち位置なのよね。

ん?「ラウムドゥーター」って何って?

ディフェンスの役目はほとんどしない代わりに、ピッチ上の危険な領域を見極めて、その小さな空きスペースから反対のバックラインの間でゲームで混乱を巻き起こすスペシャリストのことをいうの。7番が注目されやすい理由の一つかもね。

背番号 8

この番号も、なかなか一言では語れないいろんな役割が与えられている忙しいポジションなの。特に4-3-3で守備と攻撃の両方に貢献していて、オールマイティなボックスツーボックスのミッドフィールダーとして頑張ってます。チェルシーのマイケル・エッシェン画素の典型的な選手。でも面白いんだけど、特にチームに人員が足りている場合、エッシェンとフランク・ランパードのように、たまにふたりの選手が「背番号8」の役割をすることもあるのよ。

そしてプラス、もし優れた8番なら、バルセロナのイニエスタ選手のように、相手のミッドフィールダーを攻撃する役を回されることもある。彼がどれだけ優れたパフォーマンスをこなしたかはもう皆さんご存知ですよね?もっと彼について、パート2で掘り下げちゃうのでどうぞお楽しみに♬

背番号 9

古典的な 4-4-2では「アウト&アウトゴールスコアラー」なのがこのポジション。背番号9が一番有名なポジションよ。試合ペースに恵まれいて、1体1の状況でとっても重要な仕事をするのよ。ブラジルのロナウドがその代表選手だよね!

最近になってひとりのセンターストライカーが活躍するようになってきたこともあって、ピーター・クラウチ(リバプール)がこなしているように、9番はいろんな仕事を兼用するようになってきたのね。4-3-3フォーメーションでこのポジションに課せられた役割は、「偽の9番」になり切ること。これはどういうことかというと、相手になかなかマークされないように、巧みに背後にスペースを確保するという、重大な課題があるのよ。

相手に簡単に動きを予測されないように、混乱させる役目があって、ロベルト・フィルミーノ(リバプール)がとてもうまくやっていた。あるチームの9番は常に責め立てるプレーでディフェンダー達を蹴散らし、プレッシャーをかけていくのよ。レスターシティのジェイミー・ヴァーディのピーク時に披露したフィニッシュがそのお手本かな。

4-3-3システムでの高度なフォワードが、今では9番の一般的な役割って言えると思う。サミュエル・エトオ(バルセロナ)、アントニー・マルシャル(マンチェスターユナイテッド)、セルヒオ・アグエロ(マンチェスターシティ)など、このタイプは動きがとても俊敏で、フィニッシュも必ず決めてくれる優秀な中心人物って感じ。

完璧にこなせるフォワードってほんのわずかしかいないし、なかなか登場するものじゃないけれど、いろんな技術や役割を組み合わせて高めて行く事ができるのもフォワードっていうポジションなの。アーリング・ブラウト・ハーランド(ボルシア・ドルトムント)はこれを徹底して遂行した素晴らしい選手だったし、ディエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード&チェルシー)も素晴らしいフォワードとして活躍したよ。

背番号 10

4-4-2と4-2-3-1のフォーメーションでは、背番号10番はクリエイターとゴールスコアラーの両刀使い!

アーセナルのデニス・ベルカンプはこの役目を完璧にこなしたひとりで、攻撃のスポットを見つける天才でした。チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督のの第2当時時代では、オスカーとフアマンタの両選手がこのポジションに配置されたこともあって、もっと

テクニックを要するようになったの。本当に高度な技術を持った選手達だったからできた事だったんだよね。

4-3-3フォーメーションだと、ふたりの背番号8がいないチームでは10番は事実上最も攻撃的なセンターミッドフィールダーになります。

リーズ・ユナイテッドのパブロ・エルナンデス、トレクァルティスタ(イタリア語で、「4分の3の人」の意味)・ACミランのカカ、そしてさらにはセカンドストライカーのフランチェスコ・トッティ(ASローマ)などの名高いプレイヤー達がその役目を果たしました。

背番号 11

11番は、もともとレフト攻撃バースだけど、本質的には背番号7と同じだよ。本当におんなじ役割をするの。4-4-2フォーメーションで活躍する典型的な選手としては、ライアン・ギグス(マンチェスター・ユナイテッド)、4-3-3ではフランク・リベリー(バイエルン・ミュンヘン)です。「背番号11」は「逆ウィンガー」の役割を果たす人たちだよ。

 パート 2の前に、賭けリンの最新スポーツベッティングプロモーションをチェック!勝利目指してベットを楽しもうね!

パート2に続くよ。

関連する投稿