今すぐ賭ける

全豪オープン男子:最も劇的な決勝戦!

by Georgi Georgiev
全豪オープン2023

ヤッホー、テニス少女リンリンだよ。今回は、全豪オープン男子で語り継がれる劇的な3つの決勝戦を紹介するよ!

テニス4大国際大会のひとつ、全豪オープン男子。オーストラリアのメルボルンが舞台で、始まりはなんと1905年!毎年1月開催と4大国際大会で一番早いから、シーズンを占い大会として注目度が高いの。

熱いテニスの試合に賭けるなら、日本語ブックメーカー賭けっ子リンリンでね!

1) テニス史に残る連続スーパープレイ:1995年

テニス史上のベストマッチだって言い切るテニスファンもいるのが、アメリカ人同士のこの決勝!アンドレ・アガシ選手 対 ピート・サンプラス選手の激戦よ。

全豪オープン男子などの世界大会では、ライバル同士が凄まじい試合を繰り広げることが多いけど、この二人の試合はまさに劇的!試合を観戦していた多くの人々が、試合スタートの瞬間から凄い試合になることを予感したっていうんだから熱さが伝わるわよね。

剃り上げ頭にバンダナで注目を集めた全豪オープン男子初出場のアガシ選手は、絶好調で決勝を迎えたの。一方、サンプラス選手は、決勝までフルセットの試合続き。おまけにコーチが脳腫瘍で大会途中に帰国しちゃって心身ともに憔悴しきってたんだ。

色んな意味で大注目だった両選手のショットは、一発一発がキレッキレ。極上ストロークやスピン、超スーパーショットの連続で神がかってたわ。結果、アガシ選手が熱戦を打ち勝って全豪初出場で初優勝をもぎ取ったのよ。

Ao23ベッティング

2)  貴公子の熱い対決:2010年

テニスの王子様ロジャー・フェデラー選手と英国の貴公子アンディ・マレー選手の全豪オープン男子決勝は華やかだったわ。

激しいラリーの中で、ケガや病気を抱えていたにも関わらずフェデラー選手は第1と第2セットを先取したんだけど、最終セットまでマレー選手のセットポイントとフェデラー選手のマッチポイントが交互に行き来して、コートが静まり返るほど緊迫した展開だったわ。

フィニッシュは、それまで5回のセットポイントを取り切れなかったマレー選手のバックハンドがネットしてゲームセット。フェデラー選手がタイブレークを制して、4度目の全豪オープン男子王者に輝いたの。

3)  ダブルグランドスラムを賭けた逆転劇:2022年

まだ、記憶に新しい劇的な全豪オープン男子決勝を戦ったのは、スペインの英雄ラファエル・ナダル選手とまだ25歳のロシア・ダニール・メドベージェフ選手。なんとこの決勝戦、日をまたいで5時間半に迫る死闘となったの。

ナダル選手は、2セットダウン。まさに絶体絶命!でも、ここから試合をひっくり返して歴史に残る名試合を締めくくったのよ。

ナダル選手は史上最多グランドスラム21勝目をあげて、ダブルグランドスラム(すべてのグランドスラムを2度ずつ制覇)を達成したのよ!

全豪オープンワールドカップを賭けリンで楽しもう!

年が明けると全豪オープン男子がやってくる!ワクワクしちゃうわね。決勝の熱いドラマをライブで見ながらオンラインベッティングできる賭けリンへの登録をお忘れなく!安心して遊べる賭けリンは、今話題のeスポーツも用意されているから最高よ♪

関連する投稿