日本でメジャーリーグへベット – ニュース、オッズ、その他情報

野球は日本で大人気のスポーツです。幅広い年齢の子供が遊び、観客数は数百万人もいます。このスポーツの人気は、オンラインブックメーカーにおける人気にもつながっています。毎シーズン数百もの試合が開催されているということは、つまり、その分だけ野球をたくさん楽しめるということです。

日本で最も信頼されている野球のブックメーカーのひとつであるKakekko Rin Rinには、メジャーリーグを含めた全ての野球の試合を楽しめる優れたプラットフォームがあります。賭けっ子リンリンのウェブサイトやモバイルサイトを利用することには多くのメリットがあります。例えば、ビットコインを含めた様々な支払い方法があるため、すぐにベットすることができます。賭けの当たりが続いた場合は、クイックキャッシュアウトですぐに配当を引き出すこともできます。

数多くの様々な野球マーケットの中からベットする対象を選ぶことができ、ウェブサイトも非常にわかりやすいです。おそらく最も多くのお客様に喜ばれているのは、メジャーリーグへのベットを含めて、日本円での支払いが選べる点でしょう。

メジャーリーグへのベット:お楽しみはここから!

野球の試合を観戦するのはとても楽しいですが、その試合をさらに面白くする方法があります。

それは、野球の試合にベットすることです。ただ野球の試合を観戦する面白さが増えるだけでなく、配当まで獲得できるようになります。

日本ではますます多くの人が野球へベットするようになってきていますが、その人気の一方で、信頼できるブックメーカーを探すことは一苦労です。そのため、このページでは、皆様にお役立てできるような情報をまとめています。

日本で信頼できて楽しく野球にベットできるブックメーカーをお探しなら、www.kakekkorinrin.comにその答えはあります。

信頼できて楽しく野球にベットできるブックメーカーを選ぶ際には、あなたがそこに何を求めているかわかっている必要があります。賭けリンなら、メジャーリーグベースボールへの最高のベット体験を味わっていただけることをお約束します。

私たちは安全なプラットフォームを運営することを第一としています。お客様に思う存分お楽しみいただけるよう、使いやすさを考えて設計しました。その便利さを実現するため、日本人のお客様が、より多くの支払い方法から野球へベットできるようになりました。下記の中からお支払い方法をお選びいただけます。

  • ecoPayz
  • Visa
  • MasterCard
  • Bitcoin
  • JCB
  • SticPay
  • Venus Point

メジャーリーグへの支払いオプションは、Kakekko Rin Rinで他に楽しめるスポーツと同じくらい、もしくはそれ以上豊富にあります!Kakerinでは全てのメジャーリーグの試合を取り扱っており、様々な賭け方を楽しむことができます。もしあなたが何か特定の野球への賭け方をお探しなら、きっと賭けっ子リンリンで見つけられるはずです。

メジャーリーグへのベットオッズ

ニューヨーク・ヤンキース 4.40 ロサンゼルス・ドジャース 5.00
ヒューストン・アストロズ 7.00 アトランタ・ブレーブス 13.00
ワシントン・ナショナルズ 15.00 セントルイス・カージナルス 16.00
フィラデルフィア・フィリーズ 18.00 ニューヨーク・メッツ 19.00

あなたがマネーライン、ランライン、アウトライト、その他のベット方法のどれがお好みであっても、メジャーリーグの素晴らしいオッズを確認することが大切です。ウェブサイトの野球のセクションには、メジャーリーグのオッズは分かりやすく表示されています。賭けっ子リンリンは日本で一番良い野球のオッズを提供しているブックメーカーであることに自信を持っています。

マネーライン

マネーラインは、ポイントスプレッドに代わる賭け方です。得点に関わらず、試合に勝利すると思うチームに賭けます。マイナス(例:-130)は勝ちが予想されるチームを意味しており、$100の配当を獲得するために必要な額です。プラス(例:+120)は負けが予想されるチームを意味しており、$100賭けた時に獲得できる配当の額です。つまり、優勢のチームに$130賭けると$100の配当を得ることができ、劣勢のチームに$100賭けると$120の配当を得ることができます。

オーバー/アンダー

オーバー/アンダーは、ブックメーカーが設定する試合の合計得点(延長を含めた両チームの得点の合計)の基準より多いか少ないかにベットする賭け方です。ポイントスプレッドと同様に、$100の配当を得るためには$110ベットする必要があります。

賭ける価値のあるベットを見つけたら、メジャーリーグへのベットの戦略を使って、より多くの配当を獲得したいと思うでしょう。下記の2つのポイントを参考にしてみてください。

多くの人が賭ける方の反対に賭ける – 多くの人は、ヤンキースのような人気のチームにかけようとします。一般的には、良い賭けは少数に賭けることです。長く続けると、劣勢のチームに賭けるほうがより多くの利益を得られる場合が多いです。

勝利後に調子の悪いチームに賭ける – もう一つの良い賭け方は、勝利後の次の試合で調子が悪いチームに賭けることです。多くの人は試合に2連勝するとは考えないため、配当が高くなります。

メジャーリーグへのベットのコツ

メジャーリーグへのベットを当てたいを思うなら、その他の様々な戦略を知る必要があるでしょう。勝つために近道はありませんが、合理的な賭け方を知っておくことで資金を増やし、長く続けることができます。

その他のポイント

前試合の勝利チーム同士の試合では、アンダーに賭ける – 勝利チーム同士の試合だと、多くの人はオーバーに賭けようとし配当が高くなりがちなため、アンダーに賭けると高配当を得られるチャンスがあります。

天気を確認する –天気、とりわけ風速や方向などを考慮すると、野球の試合の結果を予想しやすくなります。突風によって打球の行方や試合の勝敗を大きく左右されます。

メジャーリーグへのベットのボーナスとプロモーション

信頼ができ楽しく遊べるウェブサイトであることは重要ですが、それだけでなくさらに楽しさを倍増させるプロモーションもご用意しております。メジャーリーグ関連のボーナスで、あなたの資金は大きく増え、より楽しく、より長く賭け、そしてより多くの配当を得られるチャンスが巡ってきます。

www.kakekkorinrin.comで提供される日本で一番の野球関連のプロモーションをぜひ有効活用してください。アカウントを作成すると、メジャーリーグへのベットのデポジットボーナスを利用できます。プロモーションコードSUN100を入力すると、最大$100まで入金額と同額のボーナスを獲得でき、これをメジャーリーグへのベットに利用できます。さらに、MasterCardかJCBを使うと入金額の7%を獲得することができます。

メジャーリーグのベットを組み合わせるコンボボーナスも充実しています。2個から16個まで、複数のベットを行うことで、賭けが当たった場合に最大60%追加で配当を得ることができます。さらにメジャーリーグへのベットに使えるウィークリーボーナスもあります。プロモーションコード60WEEKLYを入力して入金すると、最大$60までの50%ボーナスを獲得できます。

賭けっ子リンリンのアプリから野球にベット:モバイルから究極のベット体験を!

Kakerinのアプリがまもなく利用可能となります。アカウントへの入金から注目の野球の試合へのライブベットなど、様々な機能を活用いただけます。

アプリから野球へベットする体験をより良いものにすることを目指しています。一人でも多くのお客様にお役立ていただけるよう、iOSとAndroidのどちらでもご利用できます。アプリは無料でダウンロードできるので、もうあなたはベットすることから離れられません。

お客様はモバイルサイトからも引き続きメジャーリーグへのベットをお楽しみいただけます。バスを待っている間、通勤中、約束までの時間などいつでもオッズをチェックして、ベットすることができます。レスポンシブ対応のモバイルサイトは、スマートフォンやその他の端末でご利用いただけます。

今こそアカウントを作成して、賭けリンから野球へのベットに使えるボーナスをもらう最適なタイミングです。野球へのベットのコツを実践して、安全性の高いブックメーカーでベットを楽しみましょう。Kakekko Rin Rinで取り揃っている様々な賭け方を活用して、メジャーリーグシーズンを満喫しましょう。

賭けリンのモバイルアプリをここからダウンロード

メジャーリーグについてさらに知る

メジャーリーグについてさらに知りたければ、本ガイドにあるこの人気のスポーツの詳しい紹介がぴったりです。リーグの仕組み、歴史、注目すべき選手、強豪チームなどより深くわかる情報をご覧ください。

メジャーリーグの仕組み

日本プロ野球がパシフィック・リーグとセントラル・リーグに分かれているように、メジャーリーグもアメリカン・リーグとナショナル・リーグの2つに分かれています。どちらのリーグも東地区、中地区、西地区の3地区から成り立っています。

両リーグの唯一の大きな違いは、アメリカン・リーグには日本のパシフィック・リーグのように指名打者制があることです。ナショナル・リーグには、日本のセントラル・リーグと同様に指名打者制はありません。メジャーリーグのシーズンは3月下旬か4月上旬から始まり9月か10月まで開催しています。

レギュラーシーズンには、各チームが同地区4チームと各19試合行います。これに加えて、ホームとアウェーで同地区10チームとの試合も行われます。他リーグのある地区との試合も行われ、地区は毎年変わります。さらに、インターリーグと呼ばれるロサンゼルス・ドジャースとロサンゼルス・エンジェルスのような同地区のライバルチームとの対決する試合も組まれます。

メジャーリーグの歴史

1903年にナショナル・リーグとアメリカン・リーグの2つのリーグからなるメジャーリーグの共同事業機構が発足しました。19世紀後半に統合されるまでは、それぞれは独立した組織でした。シカゴ・カブスやアトランタ・ブレーブスなど、中には1870年代の全米プロ野球選手協会まで歴史を遡る球団もあります。

1900年から1919年まではデッドボール時代として知られており、試合の得点数が低かったこと、ボールがしっかりと縫われていなかったため、打球の飛距離が出なかったことなどが要因とされています。1920年代と30年代になると、アメリカで野球人気が高まり、日本で初めてメジャーリーグの試合が行われました。世界恐慌と第二次世界大戦の影響を受け、チームは利益を上げることができず、500人以上がチームを去りました。

1953年になると、各リーグに8チームが所属するようになりました。1960年代にかけて、新たなチームの加盟や、本拠地の変更などがありました。1964年には、村上雅則が日本で初めてメジャーリーグでプレーしました。この時期に、NFLチームとともに新しいスタジアムが建設され、スピードと守備がより重視されるものになるよう、球場の大きさと形状が変更されました。30年後、日本で史上二人目のメジャーリーガーとなる野茂英雄がロサンゼルス・ドジャースと契約しました。

メジャーリーグのチーム

現在、メジャーリーグには30チームあり、各リーグに15チームずつ所属しています。各リーグの地区優勝3チームがポストシーズンへと進出し、各リーグの勝率1位、2位のチームがワイルドカードゲームへと進みます。例えば、2019年のワイルドカードゲームには、アメリカン・リーグからはオークランド・アスレチックスとタンパベイ・レイズ、ナショナル・リーグからはワシントン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズが出場しました。

ワイルドカードゲームに勝利したチームがディビジョンシリーズで地区優勝の3チームと戦います。2019年のワイルドカードゲーム後は、ワシントン・ナショナルズがロサンゼルス・ドジャースと、一方アメリカン・リーグでは、ニューヨーク・ヤンキースがミネソタ・ツインズを下しました。その後ヤンキースを下したヒューストン・アストロズはワールドシリーズでワシントン・ナショナルズと対戦し、ワシントンはワイルドカードゲームからワールドシリーズ優勝を達成しました。

ニューヨーク・ヤンキースは40回出場したワールドシリーズのうち、27回優勝しており、これは全チームで最多です。セントルイス・カージナルスは19回出場のうち、11回優勝しています。2020年シーズンについては、ニューヨーク・ヤンキースが優勝候補の筆頭とされている一方でロサンゼルス・ドジャースとヒューストン・アストロズも強豪チームとして名を連ねています。昨年の優勝チームであるワシントン・ナショナルズも優勝候補の一角として認識されています。

大番狂わせを狙うのがトロント・ブルージェイズとサンディエゴ・パドレスです。現在の日本人のメジャーリーガーは、ロサンゼルス・ドジャースに所属する前田健太、トロント・ブルージェイズに所属する山口俊、ニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大がいます。

注目すべきメジャーリーグ選手たち

これまでの野球の歴史の中には、有名な選手は数え切れないほど多くいます。中でも最も有名な選手はベーブ・ルースです。彼は1918年から1931年の間に驚くべき数のホームランを打ち、球界史上最高のバッターとして認識されています。史上最高の中堅選手と呼ばれるウィリー・メイズも数多くのホームランを打ちました。彼はニューヨーク・ジャイアンツとニューヨーク・メッツでプレーしました。

最近では、中堅手のマイク・トラウトが大記録を残しています。オールスターゲームに8回出場に、MVPに3回輝いています。左投げピッチャーのクレイトン・カーショーもここ10年で大きな記録を樹立しており、サイ・ヤング賞を3度受賞しています。これらの選手の今シーズンも大きな活躍が期待される一方で、フアン・ソトとロナルド・アクーニャのプレーにも注目です。

今シーズンには筒香嘉智がタンパベイ・レイズでプレーすることが決まっており、シンシナティ・レッズと契約した秋山翔吾にも目が離せません。シアトル・マリナーズの菊池雄星やロサンゼルス・エンゼルスの指名打者、大谷翔平などのメジャーリーガーにも期待が高まります。

メジャーリーグ 21/22

メジャーリーグベースボール(MLB)は、アメリカを拠点とした世界最古のプロスポーツリーグです。メジャーリーグには合計30チームが在籍しており、 世界中にある他スポーツリーグの中でも最大の累積シーズン参加選手数を誇っています。

アメリカンリーグ(AL)とナショナルリーグ(NL)で構成されており、各リーグには15のクラブが在籍していて、それぞれリーグごとに東地区、中地区、西地区に所属されています。リーグチャンピオンシップシリーズは、2つのディビジョンの各優勝チームが対戦します。

各リーグのシリーズの優勝チームはワールドシリーズへと進出します。毎年、MLBシーズンは4月から10月まで実施され、シーズンの最後の月になり、終わり数日と迫ると、タンパベイ・レイズとレッドソックスはアメリカンリーグ東地区きってのフェイバリットチームであり、ブレーブスとフィリーズはナショナルリーグ東地区のために戦い抜く、と宣言しています。

アメリカンリーグ中地区では、ホワイトソックスとインディアンがフェイバリットではありますが、ブルワーズとレッズはナショナルリーグ中地区を圧倒的な力で支配しているのでこれも注目が集まります。ウエストリーグにおいては、アメリカンリーグではアストロズまたはマリナーズがトップになるだろうと予測しています。

メジャーリーグ2021-22の予定

メジャーリーグは30チームが参加し、3月31日(木)に開幕する2022年レギュラーシーズンのマスタースケジュールを、金曜日に発表しました。詳細なスケジュールはこちらをご覧ください。

関連記事

賭けっ子リンリンでの入金方法

ベッティングオッズの説明

MLB・過去30年で最も象徴的な瞬間TOP8